HOME研究室(第2次世界大戦編)自走砲自走砲(アメリカ)>T30 75mm自走榴弾砲

T30 75mm自走榴弾砲





アメリカ陸軍はフランス電撃戦や北アフリカ戦の戦訓により砲兵の自走化の必要性を強く認識し、1941年後半から戦車の車体をベースとした各種自走砲の開発に着手したが、満足のゆく設計が完成するには少なくとも1年を要することから、1941年10月にM3ハーフトラックの車体をベースとし、75mmおよび105mm榴弾砲を搭載する間に合わせの自走砲の開発要求が出された。

75mm榴弾砲を搭載する自走砲には「T30」の試作名称が与えられ、オハイオ州クリーブランドのホワイト自動車が開発を担当した。
T30 75mm自走榴弾砲は、M3ハーフトラックの操縦室の背後にシャシーフレーム直結の砲架を設け、ここに牽引型の16口径75mm榴弾砲M1A1の揺架から上を搭載しており、同じくM3ハーフトラックをベースとするM3 75mm対戦車自走砲と良く似た設計であった。

M3対戦車自走砲と同様、操砲スペースを確保するために燃料タンクは車体後部両隅へと移されていた。
T30自走榴弾砲の主砲に採用された75mm榴弾砲M1A1は、アメリカ独自の設計になる軽量、小型の山砲で、発射速度が6発/分と非常に早かった。
砲口初速380m/秒、最大射程8,780mで、本車に搭載した場合旋回角は左右各22.5度ずつ、俯仰角は−9〜+49.5度となっていた。

T30自走榴弾砲は1942年1月には量産の認可が下り、1942年2月には生産型第1号車がアメリカ陸軍に引き渡された。
しかし本車は最初から一時しのぎの兵器として開発されたために、制式化は行われなかった。
T30自走榴弾砲の初期の生産車は防盾を備えていなかったが、1942年初めにフィリピンで日本軍との戦闘に投入されたM3対戦車自走砲の戦訓により、砲要員を防護するための大型の防盾が装備されるようになった。

なお防盾の大きさに関してはけっこうな議論があり、数種類の試作品が作られた。
だが結局、榴弾砲を間接照準射撃に使う場合、大仰角を取るために背の高い防盾が選ばれた。
T30自走榴弾砲の初陣は、1942年11月の北アフリカ戦線(チュニジア)であった。
アメリカ第1機甲師団の機甲連隊は各12両のT30自走榴弾砲を受領し、各戦車大隊の本部小隊あてに3両、各連隊偵察大隊に3両が配備された。

第6および第41機甲歩兵連隊はそれぞれ9両のT30自走榴弾砲を受領し、各大隊の本部小隊に3両ずつ配備した。
在北アフリカの歩兵師団はT30自走榴弾砲6両と、同じくM3ハーフトラックをベースとするT19 105mm自走榴弾砲2両を装備する加農砲中隊1個を保有していた。

1942年11月にはM5軽戦車の車体をベースとし、75mm榴弾砲M1A1を装備するM8 75mm自走榴弾砲の配備が始まったため、これに伴ってT30自走榴弾砲は装備から外されるようになり、さらに1943年3月の師団改編でT30自走榴弾砲は火力不足を理由に歩兵師団の編制から外され、105mm牽引榴弾砲によって装備変換されることになった。

T30自走榴弾砲は1942年中にホワイト自動車で合計500両が生産されたが、完成兵器として部隊配備されたT30自走榴弾砲はその内312両だけであり、最終生産ロットの188両は支給以前の1942年11月にM3ハーフトラックに再改造されている。

しかしT30自走榴弾砲は1943年7月のシチリア島上陸作戦(ハスキー作戦)と、1944年のイタリア戦にも使用され続けた。
またT30自走榴弾砲は自由フランス軍にも少数が供与されたが、これらは1946〜54年にかけてフランスとヴェトナムが戦ったインドシナ戦争にも投入されている。


<T30 75mm自走榴弾砲>

全長:    6.099m
全幅:    1.962m
全高:    2.286m
全備重量: 9.299t
乗員:    5名
エンジン:  ホワイト160AX 4ストローク直列6気筒液冷ガソリン
最大出力: 147hp/3,000rpm
最大速度: 72.42km/h
航続距離: 322km
武装:    16口径75mm榴弾砲M1A1×1 (60発)
        12.7mm重機関銃M2×1 (300発)
装甲厚:   6.35〜12.7mm


<参考文献>

・「パンツァー2005年11月号 M3ハーフトラック・シリーズ(2) そのバリエーション」 吉田直也 著  アルゴノート社
・「パンツァー2001年11月号 AFV比較論 Sdkfz.251/M3ハーフトラック」 斎木伸生 著  アルゴノート社
・「パンツァー2001年8月号 M8自走榴弾砲」 白石光 著  アルゴノート社
・「第2次大戦 米英軍戦闘兵器カタログ Vol.2 火砲/ロケット兵器」 稲田美秋/箙浩一 共著  ガリレオ出版
・「グランドパワー2006年10月号 M2/M3ハーフトラック(2)」 後藤仁 著  ガリレオ出版
・「世界の軍用車輌(3) 装軌/半装軌式戦闘車輌:1918〜2000」  デルタ出版
・「第2次大戦 イギリス・アメリカ軍戦車」  デルタ出版
・「世界の戦車イラストレイテッド32 M3ハーフトラック 1940〜1973」 スティーヴン・ザロガ 著  大日本絵画


HOME研究室(第2次世界大戦編)自走砲自走砲(アメリカ)>T30 75mm自走榴弾砲