HOME研究室(第2次世界大戦編)自走砲自走砲(ドイツ)>Sd.Kfz.251/9 7.5cm自走砲

Sd.Kfz.251/9 7.5cm自走砲





●Sd.Kfz.251/9 7.5cm自走砲

Sd.Kfz.251/9はSd.Kfz.251装甲兵員輸送車に24口径7.5cm砲を搭載した火力支援車両で、Sd.Kfz.251/4砲牽引装甲車の後継として重装甲擲弾兵中隊に配備された。
Sd.Kfz.251/9の開発の発端はIV号戦車が主砲を長砲身(43または48口径)の7.5cm戦車砲KwK40に換装したことにより、余った旧式の24口径7.5cm戦車砲KwK37を活用すべくこれを搭載する装甲車両が要求されたためである。

1942年3月31日にビューシンクNAG社に開発が下命され同年6月に試作車2両が完成し、実戦試験のため東部戦線へ送られた。
試験の結果は良好で、1942年中に150両のSd.Kfz.251/9が発注されている。
主武装の7.5cm戦車砲KwK37は戦闘室前部の右側席を廃止し、その視察用ヴァイザー部周囲から上を切り欠いて設置された。

砲は床板に取り付けられた板折りで作られた台座(砲架)に固定され、左側には揺架に取り付けられた照準手シートと、その前に装備されたSfl.ZF.1直接照準機があった。
砲には小さな防盾が付いていたが、それを囲うように戦闘室前部に固定式の大型防盾が設けられた。
7.5cm戦車砲KwK37の設置に伴い、Fu.Spr.Ger.f型隊内無線機は戦闘室内左側後方にアンテナ共々移設されていた。

戦闘室内のベンチシートは右後方の2名掛け用のものしかなく、向かい側に7.5cm砲弾を52発収容するボックスが装備されていた。
乗員は3名で副武装は7.92mm機関銃MG34(MG42) 1挺と、9mm機関短銃MP38(MP40) 2挺のみであった。
1944年には主砲の搭載方法を変更した後期型が開発されたが、これは戦闘室内を改造する手間を省くため戦闘室前部の天井に直接7.5cm砲を搭載するようになっていた。

搭載方法の変更に併せて、7.5cm砲自体も「K51(Sf)」と呼ばれる改良型に変更された。
K51(Sf)では主砲の右横に、同軸としても使用可能な機関銃架が設置されていた。
7.5cm加農砲K51(Sf)は基本的な性能は7.5cm戦車砲KwK37と大差無かったが、HEAT(対戦車榴弾)の使用が可能となり対戦車戦闘が考慮されたことが分かる。

K51(Sf)には連動して旋回する横長の角形の防盾が取り付けられており、戦闘室の左右側面にも防御装甲板が上部に追加装備されていた。
これは同じ砲を装備したSd.Kfz.250/8 B型や、Sd.Kfz.234/3とも共通している。
7.5cm砲の旋回角はKwK37、K51(Sf)共に左右各12度ずつで、俯仰角は−10〜+12度であった。
後期型の車内の様子は、砲の台座が無い以外は初期型と同様であった。

ただし操縦手席右側のシートは廃止され、視察用ヴァイザーも四角い装甲板で塞がれていた。
Sd.Kfz.251/9はSd.Kfz.251装甲兵員輸送車C/D型をベース車台として用いており、後期型は全てD型をベースとしていた。
本来ならば歩兵支援を主任務とするIII号突撃砲が対戦車戦闘を目的として長砲身化されてしまったため、有効的な歩兵支援を行うSd.Kfz.251/9は各戦線において歩兵たちから強い支持を受けることとなった。


<Sd.Kfz.251/9 7.5cm自走砲 初期型>

全長:    5.80m
全幅:    2.10m
全高:    2.07m
全備重量: 8.53t
乗員:    3名
エンジン:  マイバッハHL42TUKRM 直列6気筒液冷ガソリン
最大出力: 100hp/2,800rpm
最大速度: 53km/h
航続距離: 300km
武装:    24口径7.5cm戦車砲KwK37×1 (52発)
        7.92mm機関銃MG34×1 (2,010発)
装甲厚:   6〜14.5mm


<Sd.Kfz.251/9 7.5cm自走砲 後期型>

全長:    5.98m
全幅:    2.10m
全高:    2.07m
全備重量: 8.53t
乗員:    3名
エンジン:  マイバッハHL42TUKRM 直列6気筒液冷ガソリン
最大出力: 100hp/2,800rpm
最大速度: 53km/h
航続距離: 300km
武装:    24口径7.5cm加農砲K51(Sf)×1 (52発)
        7.92mm機関銃MG42×1 (2,010発)
装甲厚:   6〜14.5mm


<参考文献>

・「パンツァー2001年11月号 AFV比較論 Sdkfz.251/M3ハーフトラック」 斎木伸生 著  アルゴノート社
・「ピクトリアル ドイツ軍ハーフトラック」  アルゴノート社
・「グランドパワー2012年7月号 ドイツ装甲兵員輸送車写真集(2)」 後藤仁 著  ガリレオ出版
・「グランドパワー2007年9月号 ドイツ装甲兵員輸送車(1)」 後藤仁 著  ガリレオ出版
・「SdKfz251」 山本敬一 著  デルタ出版
・「ジャーマン・タンクス」 ピーター・チェンバレン/ヒラリー・ドイル 共著  大日本絵画
・「図解・ドイツ装甲師団」 高貫布士 著  並木書房


兵器諸元(Sd.Kfz.251/9 7.5cm自走砲 後期型)

HOME研究室(第2次世界大戦編)自走砲自走砲(ドイツ)>Sd.Kfz.251/9 7.5cm自走砲