HOME研究室(第2次世界大戦編)自走砲自走砲(ドイツ)>Sd.Kfz.251/2 8cm自走迫撃砲

Sd.Kfz.251/2 8cm自走迫撃砲





●Sd.Kfz.251/2 8cm自走迫撃砲

Sd.Kfz.251/2は、機甲擲弾兵中隊の重装備小隊用の支援車両である。
車内にラインメタル・ボルジヒ社製の14口径8cm重迫撃砲sGrW34を1基搭載しており、通常は車外で使用したが車内からの射撃も可能であった。
ただし、車内の床に専用台座が装備されていたわけではない。
迫撃砲を車内で使用する場合に邪魔になるため、この車両では前方機関銃架は取り外されていた。

乗員は8名に減らされ、後部右側のベンチシートは砲弾ケース収納ラックに変更されていた。
このラックには8cm迫撃砲弾6発入りの砲弾ケース7個が置かれ、その他右側のフロントシート後ろの床に2個、側壁に2個が装備されていたので、合計11個(66発)の砲弾ケースが搭載されたことになる。
その他の武装は7.92mm機関銃MG34(MG42) 1挺と9mm機関短銃MP38(MP40) 2挺、それに7.92mm小銃Kar98k 4挺で、ベース車台にはSd.Kfz.251装甲兵員輸送車A〜D型の全ての型式が用いられた。


<Sd.Kfz.251/2 8cm自走迫撃砲A/B/C型>

全長:    5.80m
全幅:    2.10m
全高:    1.75m
全備重量: 8.64t
乗員:    8名
エンジン:  マイバッハHL42TUKRM 直列6気筒液冷ガソリン
最大出力: 100hp/2,800rpm
最大速度: 53km/h
航続距離: 300km
武装:    14口径8cm重迫撃砲sGrW34×1 (66発)
        7.92mm機関銃MG34×1 (2,010発)
装甲厚:   6〜14.5mm


<参考文献>

・「パンツァー2001年11月号 AFV比較論 Sdkfz.251/M3ハーフトラック」 斎木伸生 著  アルゴノート社
・「グランドパワー2012年7月号 ドイツ装甲兵員輸送車写真集(2)」 後藤仁 著  ガリレオ出版
・「グランドパワー2007年9月号 ドイツ装甲兵員輸送車(1)」 後藤仁 著  ガリレオ出版
・「SdKfz251」 山本敬一 著  デルタ出版
・「ジャーマン・タンクス」 ピーター・チェンバレン/ヒラリー・ドイル 共著  大日本絵画
・「図解・ドイツ装甲師団」 高貫布士 著  並木書房


HOME研究室(第2次世界大戦編)自走砲自走砲(ドイツ)>Sd.Kfz.251/2 8cm自走迫撃砲