HOME研究室(第2次世界大戦編)装軌/半装軌式装甲車装軌/半装軌式装甲車(ドイツ)>Sd.Kfz.250/2装甲電話線敷設車

Sd.Kfz.250/2装甲電話線敷設車





●Sd.Kfz.250/2装甲電話線敷設車

Sd.Kfz.250/2装甲電話線敷設車は電話ケーブルを敷設するための車両で、軽通信小隊(自動車化)で使用された。
乗員は4名で左側のベンチシートは残されたが右側のパイプ椅子は撤去され、電話線ケーブルのリールドラム用収納庫が設置された。

その上に後部の弾薬収納庫に取り付けられたアームに支持される形で、ケーブルを繰り出す時に使用するホルダーが取り付けられていた。
ホルダーのための支持架は左右の前部フェンダーの上にも取り付けられており、3本の電話ケーブルを同時に敷設することが可能であった。

また敷設中の電話ケーブルが絡まるのを防止するために、長い棒を車内に収容していた。
武装は7.92mm機関銃MG34 1挺、9mm機関短銃MP38 2挺、7.92mm小銃Kar98k 4挺であり、MG用三脚は装備されていなかった。
なおSd.Kfz.250/2はA型車体のものしか存在が確認されておらず、B型車体の車両が存在したかは不明である。


<Sd.Kfz.250/2装甲電話線敷設車A型>

全長:    4.56m
全幅:    1.95m
全高:    1.66m
全備重量: 5.44t
乗員:    4名
エンジン:  マイバッハHL42TRKM 直列6気筒液冷ガソリン
最大出力: 100hp/2,800rpm
最大速度: 60km/h
航続距離: 320km
武装:    7.92mm機関銃MG34×1 (1,100発)
装甲厚:   6〜14.5mm


<参考文献>

・「パンツァー2007年11月号 ドイツ陸軍のワークホース Sdkfz.250シリーズ」 久米幸雄 著  アルゴノート社
・「ピクトリアル ドイツ軍ハーフトラック」  アルゴノート社
・「ジャーマン・タンクス」 ピーター・チェンバレン/ヒラリー・ドイル 共著  大日本絵画
・「世界の軍用車輌(3) 装軌/半装軌式戦闘車輌:1918〜2000」  デルタ出版
・「SdKfz250」 山本敬一 著  デルタ出版


HOME研究室(第2次世界大戦編)装軌/半装軌式装甲車装軌/半装軌式装甲車(ドイツ)>Sd.Kfz.250/2装甲電話線敷設車