BACK  HOME

Mk.I/Mk.II対空戦車





1940年5〜6月のフランスにおける対独戦で、Ju87「シュトゥーカ」に代表される航空機による地上部隊の直協支援の威力を見せ付けられたイギリス陸軍は、すぐさま自走式対空兵器の開発に着手した。
1940年中にMk.V軽戦車をベースとした対空戦車が2両試作されたが、この内1両はMk.V軽戦車の砲塔を撤去して、BSA社(Birmingham Small Arms:バーミンガム小火器製作所)がライセンス生産した、チェコ製の15mm重機関銃ZBvz.60を連装で装備する簡素な車両であった。

もう1両の試作車は、イギリス空軍の複座戦闘機「デファイアント」に搭載されていた、7.7mm4連装機関銃を備えた動力式銃塔を装備する凝った造りの車両であった。
結局、Mk.V軽戦車をベースとしたこれらの対空戦車は試験結果が芳しくなかったため採用には至らなかったが、ドイツが増援を送った1941年2月以降北アフリカ戦線の戦局が悪化したため、イギリス陸軍はMk.VI軽戦車をベースとした対空戦車を急遽製造して北アフリカに送ることを決定した。

すでにMk.V軽戦車を用いて対空戦車を開発する経験を積んでいたため、Mk.VI軽戦車ベースの対空戦車は異例の速さで完成させることができた。
最初に実用化されたMk.I対空戦車はMk.VI軽戦車の砲塔を撤去し、戦闘室上部に箱形の構造物を設け、その上に7.92mmベサ機関銃(チェコ製の7.92mm機関銃ZBvz.37をBSA社でライセンス生産したもの)4挺を並列に装備したオープントップ式の銃塔を搭載していた。

続いて実用化されたMk.II対空戦車では銃塔が背の高いやや大型のものに変更されたが、それ以外の部分はMk.I対空戦車と同一であった。
Mk.I/Mk.II対空戦車は合計で60両程度がMk.VI軽戦車から改造され、1941年末頃から北アフリカ戦線に投入されたが、主武装の7.92mmベサ機関銃は速射性能こそ優れていたものの、威力と射程は充分とはいえず、目立った活躍の無いまま大多数がアフリカの砂漠でその生涯を終えたと見られている。


<参考文献>

・「パンツァー2012年8月号 戦間期の落とし子 イギリスの軽戦車Mk.6とそれに至るシリーズ」 三鷹聡 著  アル
 ゴノート社
・「パンツァー2012年5月号 イギリスの対空戦車」 竹内修 著  アルゴノート社
・「グランドパワー2000年1月号 イギリス陸軍 Mk.VI軽戦車(1)」 遠藤慧 著  デルタ出版
・「グランドパワー2000年2月号 イギリス陸軍 Mk.VI軽戦車(2)」 大村晴 著  デルタ出版
・「世界の軍用車輌(1) 装軌式自走砲:1917〜1945」  デルタ出版
・「第2次大戦 イギリス・アメリカ軍戦車」  デルタ出版


BACK  HOME