HOME研究室(第2次世界大戦後〜現代編)対空ミサイル・システム対空ミサイル・システム(ソヴィエト/ロシア)>9K37ブーク対空ミサイル・システム

9K37ブーク対空ミサイル・システム





NATOコードネームでSA-11「ガドフライ」(Gadfly:アブ)と呼ばれる、9K37「ブーク」(Buk:ブナ)対空ミサイル・システムは、「軍自走対空ロケット・システム」とロシア本国では呼称されており、それまで軍および方面軍レベルで配備されてきた2K11「クルーグ」対空ミサイル・システムの後継機種で開発は1972年に下令され、1979年には部隊配備が開始されている。

ただし「ブーク」対空ミサイル・システムには若干の問題があったらしく、本格配備は1980年代半ばからだった。
本システムの開発にあたっては、システム全体を科学調査・器具製作研究所および科学製作合同体等が担当、自走発射機等の各種車両はスタルト車両設計製作局(MKB)およびミティシンスキー車両製作工場(MMZ−当時の主任技師はN.A.アストロフ)が担当した。

本システムは、誘導レーダーと9M38対空ミサイルの4連装ランチャーを同一車両にまとめた自走発射機9A310を中心に、ほぼ同一の車台で連隊指揮車9S470、長距離捜索レーダー車9S18「クポール」(Kupol:丸屋根)、予備ミサイル搭載・再装填車9A39などで構成されており、今までの対空ミサイル・システムに比べて省力化・合理化がされているのが特徴である。

本システムの中核をなす9M38対空ミサイルは全長5.55m、発射重量690kg、弾頭重量70kg、有効射高25〜22,000m、有効射程3,000〜32,000mで、相当な低高度から高々度まである程度の長距離間の上空援護が可能である。

ミサイルの誘導方式はセミアクティブ・レーダー・ホーミングで、バックアップとして光学照準機による無線指令誘導も可能である。
なお、本ミサイルは艦隊防空用として海軍艦艇でも採用されている(M-22「ウラガーン」(Uragan:烈風))。
また1983年には、命中精度をより向上させた9M38M1対空ミサイルも登場した。

9A310自走発射機は、MT-S装軌式牽引車の派生型であるGM-569A装軌式車両の車体上部に、9M38対空ミサイルを4連装で装備する起倒式の全周旋回ランチャーを搭載したもので、360度の方向に向けてのミサイルの発射と、ランチャー前端の大きなグラスファイバー製ドームに収められた追尾・誘導用レーダーによる目標への誘導が可能である。

こうした機能を見るなら本システムは2K11「クルーグ」のみならず、低高度迎撃用対空ミサイル・システムである2K12「クーブ」の機能をも代替できることが分かる。
本システムは連隊編制で運用されることになっており、1個連隊には9A310自走発射機4両から成る中隊5個と、長距離捜索レーダー車や指揮官車などの指揮・支援車両が配属されている。

「ブーク」対空ミサイル・システムはソ連時代に配備が始まったが、慢性的な財政難から生産数は500システム程度に留まっており、旧型の「クルーグ」および「クーブ」対空ミサイル・システムとの交代が進んでいないのが実状である。
なお本システムはシリアやインド、ユーゴスラヴィア、ポーランドなどにも供与されており、輸出型は「ガング」(Gang:ガンジス川)と称される。


<9A310自走発射機>

全長:    9.30m
全幅:    3.25m
全高:    3.80m
全備重量: 32.4t
乗員:    4名
エンジン:  V-6R 4ストロークV型6気筒液冷ディーゼル
最大出力: 240hp/1,800rpm
最大速度: 65km/h
航続距離: 350km
武装:    9M38対空ミサイル4連装発射機×1 (4発)
装甲厚:   最大9mm


<9M38対空ミサイル>

全長:       5.55m
直径:       0.40m
翼幅:       0.86m
発射重量:    690kg
弾頭重量:    70kg
誘導方式:    セミアクティブ・レーダー
最大飛翔速度: 850m/秒
有効射程:    3,000〜32,000m
有効射高:    25〜22,000m


<参考文献>

・「パンツァー2010年6月号 ロシアの自走対空ミサイル・システム 9K37ブーク」 吉村誠 著  アルゴノート社
・「パンツァー2002年6月号 ソ連・ロシア ロケット/ミサイル車輌史(5)」 古是三春 著  アルゴノート社
・「パンツァー2011年6月号 ロシア陸軍 冷戦後の変化と現状」 鹿内誠 著  アルゴノート社
・「パンツァー2011年4月号 ロシア軍AFV イン・アクション」 箙公一 著  アルゴノート社
・「パンツァー2010年7月号 W.W.II戦勝記念パレード」  アルゴノート社
・「ロシア軍車輌写真集」 古是三春/真出好一 共著  アルゴノート社
・「世界のAFV 2018〜2019」  アルゴノート社
・「大図解 世界のミサイル・ロケット兵器」 坂本明 著  グリーンアロー出版社
・「ソビエト・ロシア戦闘車輌大系(下)」 古是三春 著  ガリレオ出版
・「世界の軍用車輌(2) 装軌式自走砲:1946〜2000」  デルタ出版
・「戦車メカニズム図鑑」 上田信 著  グランプリ出版
・「戦車名鑑 1946〜2002 現用編」  コーエー
・「世界の最新陸上兵器 300」  成美堂出版
・「ミサイル事典」 小都元 著  新紀元社
・「世界の装軌装甲車カタログ」  三修社


HOME研究室(第2次世界大戦後〜現代編)対空ミサイル・システム対空ミサイル・システム(ソヴィエト/ロシア)>9K37ブーク対空ミサイル・システム