HOME研究室(第2次世界大戦後〜現代編)自走砲自走砲(日本)>99式自走155mm榴弾砲

99式自走155mm榴弾砲





99式自走155mm榴弾砲は、陸上自衛隊が装備する最新鋭の自走榴弾砲である。
75式自走155mm榴弾砲の後継となる自走砲で、各師団特科連隊および旅団特科隊を中心に配備が進められていくものと見られている。
1975年に制式化された75式自走155mm榴弾砲は、専用に開発された長射程弾を使用しても最大射程が19kmしかない。

一方、1983年度からライセンス生産が始められた牽引式155mm榴弾砲FH-70は、ベースブリード弾を使用した場合の最大射程は30kmとなっている。
普通科部隊に配備されている牽引式120mm迫撃砲RTでさえ、ロケット補助推進弾を使用した時の最大射程は13kmに達する。
最大射程は、火砲にとって最も重要な性能の1つである。

しかし75式自走155mm榴弾砲の最大射程は、開発当時ならともかく現代の水準から見ると明らかに物足りない。
そこで1985年から、75式自走155mm榴弾砲の後継自走砲の研究が開始された。
当初は75式自走155mm榴弾砲の30口径の砲身を、牽引式155mm榴弾砲FH-70の39口径の砲身に換装することが考えられていたという。

しかしFCS(射撃統制システム)の更新等の要求が出て、結局89式装甲戦闘車のシャシーをベースに新規に開発することになったといわれている。
1987年度から研究試作が開始され、1994年度予算から装備化を前提とした開発が始められた。
開発は車体を三菱重工業、主砲と砲塔を日本製鋼所が担当した。

試作車4両を用いて1996年度まで技術試験が行われ、翌97年度には実用試験に入った。
そして1999年度に「99式自走155mm榴弾砲」として制式化され、1999年度予算で初めて4両の調達が決まった。
99式自走榴弾砲の主砲の口径は75式自走榴弾砲と同じ155mmだが、砲身長は75式自走榴弾砲の30口径から52口径に延長されており、最大射程も30kmと75式自走榴弾砲の1.5倍以上に延びている。

52口径という長砲身のため、駐退復座機構の油圧をコントロールして砲身を引き込める機能が付いている。
このため車体前部には2種類のガン・ロッキング・アームが取り付けられており、それぞれの状態で使い分けられるようになっている。
砲身先端には、ドイツのPz.H.2000 155mm自走榴弾砲のものに似た多孔式の砲口制退機が取り付けられている。

また、99式自走榴弾砲は自動装填装置を採用している。
75式自走榴弾砲では砲弾のみが自動装填され、装薬は砲員が手作業で装填していた。
しかし、99式自走榴弾砲では装薬が布の袋に収まった薬嚢式ではなくユニット式になり、自動的に装填されるようになっている。

巨大な砲塔の後部には自動装填装置が収められており、同時に開発された99式弾薬給弾車と連結して自動的に給弾を行うこともできる。
もっとも公表されている発射速度は3分間で18発以上とされており、その上限ははっきりしない。
FCSについても高度に自動化されたものが搭載されており、新野戦特科射撃指揮装置(新FADAC)とのリンクが可能とされている。

この新FADACを使えば、射撃指揮所のボタン操作だけで自動照準、自動装填、自動発射が可能といわれている。
従来は有線電話を介して音声で伝えられたりしていた諸元が、データリンクを介して瞬時に伝わるようになるのである。
99式自走榴弾砲の砲塔は、軽量化を図るために防弾アルミ板で構成されていると推測される。

砲塔上面前部右側には固定式のペリスコープの突起と、パノラマ式照準眼鏡の格納塔を突き出すための小ハッチがあるため、ここに照準手(砲手)が搭乗するものと思われる。
その後方には12.7mm重機関銃M2の銃架が取り付けられたハッチがあり、ここが砲班長(車長)席と思われる。
反対の左側のハッチ下には、砲手(装填手)が搭乗するものと思われる。
操縦手席は車体前部右側にあり、前部左側は機関室となっている。


<99式自走155mm榴弾砲>

全長:    11.30m
全幅:    3.20m
全高:    4.30m
全備重量: 40.0t
乗員:    4名
エンジン:  三菱6SY31WA 4ストローク直列6気筒液冷ディーゼル
最大出力: 600hp
最大速度: 49.6km/h
航続距離: 300km
武装:    52口径155mm榴弾砲×1
        12.7mm重機関銃M2×1
装甲厚:


<99式弾薬給弾車>

全長:    6.70m
全幅:    3.20m
全高:    3.10m
全備重量: 33.0t
乗員:    2名
エンジン:  デトロイト・ディーゼル8V-71T 2ストロークV型8気筒液冷スーパーチャージド・ディーゼル
最大出力: 411hp/2,300rpm
最大速度: 40km/h
航続距離:
武装:    155mm砲弾 (90発)
装甲厚:


<参考文献>

・「パンツァー2007年11月号 陸上自衛隊 99式自走155mm榴弾砲」 荒木雅也 著  アルゴノート社
・「パンツァー2005年6月号 第7特科連隊 99式自走155mm榴弾砲の射撃競技会」  アルゴノート社
・「パンツァー2002年8月号 陸上自衛隊 99式自走155mm榴弾砲」 田村尚也 著  アルゴノート社
・「パンツァー2011年6月号 陸上自衛隊特科のホープ 99式自走155mm榴弾砲」  アルゴノート社
・「パンツァー2013年5月号 第7特科連隊 99式自走榴弾砲の射撃訓練」  アルゴノート社
・「パンツァー2009年1月号 陸上自衛隊の装備車輌」  アルゴノート社
・「パンツァー2014年3月号 陸上自衛隊AFV 2014」  アルゴノート社
・「世界のAFV 2018〜2019」  アルゴノート社
・「10式戦車と次世代大型戦闘車」  ジャパン・ミリタリー・レビュー
・「世界の軍用車輌(2) 装軌式自走砲:1946〜2000」  デルタ出版
・「最新陸上兵器図鑑 21世紀兵器体系」  学研
・「徹底解剖!世界の最強戦闘車両」  洋泉社
・「世界の最新兵器カタログ 陸軍編」  三修社
・「世界の装軌装甲車カタログ」  三修社
・「戦車名鑑 1946〜2002 現用編」  コーエー


HOME研究室(第2次世界大戦後〜現代編)自走砲自走砲(日本)>99式自走155mm榴弾砲