HOME研究室(第2次世界大戦後〜現代編)装輪式装甲車装輪式装甲車(日本)>96式装輪装甲車

96式装輪装甲車





96式装輪装甲車は陸上自衛隊が初めて制式採用した装輪式のAPC(装甲兵員輸送車)で、1992年度から開発が始められ1996年度に「96式装輪装甲車」として制式化された。
また本車は「クーガー」(Cougar:アメリカライオン)という愛称が与えられているが、現場では「96」、「WAPC」などの通称で呼ばれることが多い。

本車の開発と生産は、小松製作所が担当している。
陸上自衛隊では1980年代以来同社を通じて各種の装輪式装甲車を開発してきたが、この96式装輪装甲車はその集大成ともいえる車種である。
本車は8×8型の装輪式APCで主として普通科部隊に装備され、作戦機動に引き続き敵の脅威下に戦場機動して人員輸送等に用いられる。

車体は圧延防弾鋼板の全溶接構造で最前部左側が機関室、右側が操縦手席となっており、その後ろに車長席、車長席の反対側に小銃班長席が設けられている。
操縦手席の上には3基のペリスコープが備えられたハッチが設けられており、アームによって真後ろに開く面白い造りになっている。

車長席の上には6基のペリスコープが備えられたキューポラが設けられており、豊和工業製の96式40mm自動擲弾銃またはアメリカのブラウニング社製の12.7mm重機関銃M2が装備されるが、自動擲弾銃タイプのA型と機関銃タイプのB型の配備比率は10対1程度となっている。
武装の変更はキューポラを丸ごと交換する必要があり、事実上できないといって良い。

96式40mm自動擲弾銃は口径40mmの対人対装甲擲弾を1分間に約250〜350発発射することができ、効果的な面制圧性を有する。
車体の後半部は兵員室となっており、輸送する普通科隊員用に向かい合わせに左右各4名分ずつ、計8名分のベンチシートが置かれている。

兵員室の天井には左右に各2枚ずつ横長のハッチが設けられており、左右側面にはそれぞれ2カ所に防弾ガラス付きの小さな視察窓があって、車内から外部の様子を視察することが可能になっている。
ガンポートは設けられていないため、乗車したまま車外を射撃するには天井のハッチから身を乗り出す必要がある。

搭乗兵員の乗降には、車体後面に設けられた油圧駆動式のランプドアを使用する。
車体上面最後部の左右にはそれぞれ4基ずつ発煙弾発射機が装備されており、これらの発射機は車体前部左上面に装備されているレーザー警報装置の作動によって、自動的に発煙弾を投射させることが可能である。

機関は三菱ふそうトラック・バス製の6D40 直列6気筒液冷ターボチャージド・ディーゼル・エンジン(出力360hp)と、前進6段/後進2段の遊星歯車式自動変速機の組み合わせで、パワーパックとして一体化されている。
サスペンションはトーションバー(捩り棒)方式が採用されており、タイアは車内から空気圧の調整が可能で若干の被弾であれば走行が可能である。

96式装輪装甲車の調達価格は約1億3,000万円程度と、装輪式APCとしては決して安価とはいえない。
陸上自衛隊では本車を旧式化した装軌式の60式装甲車と73式装甲車の後継と位置付け、今後順次一般の普通科部隊に配備していきたい考えだが、予算の制約と価格の問題から広く普及させることが可能かどうかは予断を許さない。


<96式装輪装甲車A型>

全長:    6.84m
全幅:    2.48m
全高:    1.85m
全備重量: 14.5t
乗員:    2名
兵員:    8名
エンジン:  三菱6D40 4ストローク直列6気筒液冷ターボチャージド・ディーゼル
最大出力: 360hp/2,200rpm
最大速度: 100km/h
航続距離: 500km
武装:    96式40mm自動擲弾銃×1 (500発)
装甲厚:


<96式装輪装甲車B型>

全長:    6.84m
全幅:    2.48m
全高:    1.85m
全備重量: 14.5t
乗員:    2名
兵員:    8名
エンジン:  三菱6D40 4ストローク直列6気筒液冷ターボチャージド・ディーゼル
最大出力: 360hp/2,200rpm
最大速度: 100km/h
航続距離: 500km
武装:    12.7mm重機関銃M2×1 (600発)
装甲厚:


<参考文献>

・「パンツァー2003年9月号 今後の陸自主力APCの座を担う96式装輪装甲車」 桑島昌孝 著  アルゴノート社
・「パンツァー2013年3月号 AFV比較論 96式装輪装甲車 vs ピラーニャ8×8」 竹内修 著  アルゴノート社
・「パンツァー2015年5月号 世界の現用装輪装甲車輌」 平田辰 著  アルゴノート社
・「パンツァー2016年8月号 防禦力を強化した96式装輪装甲車」  アルゴノート社
・「パンツァー2013年1月号 陸上自衛隊の歴代装甲車」  アルゴノート社
・「パンツァー2009年1月号 陸上自衛隊の装備車輌」  アルゴノート社
・「世界のAFV 2018〜2019」  アルゴノート社
・「グランドパワー2004年10月号 陸上自衛隊 96式装輪装甲車」 伊吹竜太郎 著  ガリレオ出版
・「世界の軍用車輌(4) 装輪式装甲車輌:1904〜2000」  デルタ出版
・「陸上自衛隊 車輌・装備ファイル」  デルタ出版
・「世界の最強陸上兵器 BEST100」  成美堂出版
・「世界の最新陸上兵器 300」  成美堂出版
・「世界の最新兵器カタログ 陸軍編」  三修社
・「戦車名鑑 1946〜2002 現用編」  コーエー
・「自衛隊装備年鑑」  朝雲新聞社


HOME研究室(第2次世界大戦後〜現代編)装輪式装甲車装輪式装甲車(日本)>96式装輪装甲車