HOME研究室(第2次世界大戦後〜現代編)自走砲自走砲(日本)>75式自走155mm榴弾砲

75式自走155mm榴弾砲





75式自走155mm榴弾砲は、それまでアメリカ軍から有償供与されていたM52 105mm自走榴弾砲、M44 155mm自走榴弾砲の後継として74式自走105mm榴弾砲と同時期に開発されたもので、現在陸上自衛隊の主力自走榴弾砲となっている。
1969年度から部分試作が始められ、1971年度には全体試作に進んでいる。

1972年から技術試験、次いで実用試験が行われ、1975年10月に「75式自走155mm榴弾砲」として制式化された。
合計で201両が生産され北部方面隊の各師団特科連隊、つまり第2、第5、第7、第11特科連隊および特科教導隊等に配備されている。
車体は三菱重工業が開発を担当し、耐弾能力の強化と軽量化を目的として防弾アルミ板の溶接構造となっているが、74式自走105mm榴弾砲のように浮航はできない。

車体前部右側が操縦手席、前部左側が機関室で、エンジンはZF系の空冷2ストローク・ディーゼルが搭載されており、変速機はパワーシフト方式、操向機はハイドロスタティック方式が採用されている。
足周りは全高を抑えるために上部支持輪の無い方式を採用しており、誘導輪を接地させて接地長を長くし、射撃時の車体安定を図っている。

主砲の155mm榴弾砲は中砲としては初の完全国産砲であり、開発は日本製鋼所である。
砲身長は30口径で、隔螺式閉鎖機と変後座長の液気圧式復座機を持つ嚢砲である。
閉鎖機は初弾装填時のみ手動で開放され、その後は発砲時の反動を利用して自動的に開放される。
俯仰角は約−5〜+65度で、俯仰は油圧によって行われる。
照準には、従来の標桿照準に代わってコリメーターが使用されている。

また砲塔上面右寄りには「J2型」と呼ばれるパノラマ式照準機が装備されており、倍率は4倍、視野は10度となっている。
また特徴として、方向諸元のディジタル表示装置が備えられていることが挙げられる。
日本製鋼所の手になる防弾アルミ製の砲塔は全周旋回が可能で、油圧による動力旋回の場合、360度旋回を約30秒で行うことができる。

また俯仰、旋回共に手動による操作も可能で、旋回については高速・低速2段の切り換えが可能となっている。
最大射程は、新たに開発された弾丸重量43.5kgの75式榴弾(長射程弾)と専用の9号装薬の組み合わせで19,064mとされている。
この時の砲口初速は、720m/秒である。

砲塔後部には、各9発の弾丸を格納するドラム式の弾倉が左右に並べて2基搭載されており、中央にある伸縮式の装填トレイとラマーによって弾丸の自動装填が可能となっている。
信管の装着や測合については、このドラムに収納された状態でもできる。
信管は戦闘室内左右にある4つのコンテナに1個当たり14発分、計56発分を収納できるようになっている。
弾丸の装填は、以下のようなサイクルで行われる。

まず油圧駆動のクランプが外れ、弾丸が1発装填トレイに落ちる。
次に弾丸を載せた装填トレイが砲尾に前進し、さらに一部が手動で砲尾環の奥まで延ばされる。
次に装填トレイの上にあった装填機が砲身の軸線位置まで下がり、油圧駆動のラマーが伸びて弾丸を砲尾に押し込む。
最後に全ての装置が元の位置に戻り、次弾の装填に備える。

以上のようなサイクルが繰り返され、2基のドラムに収められた各9発、計18発の弾丸が機力装填される。
通常、続いて装填手によって射距離に応じた装薬が装填され、閉鎖機を閉じて発射となる。
自動装填装置の作動角度は約6度に固定されているが、スイッチ1つで自動的に装填位置に砲身を俯仰させる自動復帰装置を有している。
発射速度は、最大で約6発/分とされている。

携行する弾丸は床下の10発と装填ドラム内の18発合わせて28発となっており、同じく装薬は砲塔内の10発、戦闘室内右側の8発、左側の10発合わせて28発を携行する。
75式自走155mm榴弾砲は開発時は一流の性能を持っていたが、現在では旧式化してしまっているため新型の99式自走155mm榴弾砲によって更新が進められ、2014年3月までに全車が退役した。


<75式自走155mm榴弾砲>

全長:    7.79m
車体長:   6.64m
全幅:    2.98m
全高:    2.55m
全備重量: 25.3t
乗員:    6名
エンジン:  三菱6ZF 2ストロークV型6気筒空冷ディーゼル
最大出力: 450hp/2,200rpm
最大速度: 47km/h
航続距離: 300km
武装:    75式30口径155mm榴弾砲×1 (28発)
        12.7mm重機関銃M2×1 (1,000発)
装甲厚:


<参考文献>

・「パンツァー1999年4月号 陸上自衛隊75式自走155mm榴弾砲 その開発過程と構造・機能」 林磐男/田村尚
 也 共著  アルゴノート社
・「パンツァー2011年7月号 陸自特科の自走化に貢献した75式自走155mm榴弾砲」  アルゴノート社
・「パンツァー2003年3月号 陸上自衛隊の試作車輌」 高城正士 著  アルゴノート社
・「パンツァー1999年6月号 陸上自衛隊 75式自走155mm榴弾砲」  アルゴノート社
・「パンツァー2009年1月号 陸上自衛隊の装備車輌」  アルゴノート社
・「パンツァー2014年3月号 陸上自衛隊AFV 2014」  アルゴノート社
・「世界のAFV 2011〜2012」  アルゴノート社
・「異形戦車ものしり大百科 ビジュアル戦車発達史」 斎木伸生 著  光人社
・「世界の軍用車輌(2) 装軌式自走砲:1946〜2000」  デルタ出版
・「陸上自衛隊 車輌・装備ファイル」  デルタ出版
・「自衛隊歴代最強兵器 BEST200」  成美堂出版
・「世界の最新陸上兵器 300」  成美堂出版
・「徹底解剖!世界の最強戦闘車両」  洋泉社
・「戦車名鑑 1946〜2002 現用編」  コーエー
・「世界の装軌装甲車カタログ」  三修社


HOME研究室(第2次世界大戦後〜現代編)自走砲自走砲(日本)>75式自走155mm榴弾砲