HOME研究室(第2次世界大戦編)戦車戦車(ドイツ)>IV号戦車D型


IV号戦車D型





●IV号戦車D型

IV号戦車D型はIV号戦車シリーズ初の本格量産型であり、1939年10月〜1941年5月にかけて229両が生産された。
B、C型は一応そこそこ量産されたもののまだ増加試作型的性格が強く、このD型からIV号戦車はようやく実用的な戦車として生産されるようになったといえる。

それを表すかのようにD型生産開始直前の1939年9月27日に、IV号戦車に特殊車両番号「Sd.Kfz.161」が与えられた。
D型は、C型からかなりの設計変更が行われている。
まず車体であるが戦闘室前面装甲板が再びA型と同じ段付きタイプに変更されており、無線手席前方の車体機関銃が復活している。

ただし前面装甲厚が30mmに増加したことに伴い、車体機関銃の銃架は「30型球形銃架」と呼ばれる四角形の外枠をした新型に変わっている。
また操縦手席と無線手席との間の屈曲部には、操縦手が使うガンポートが復活している。
また左右の視察口の装甲カバーも、より防御力の高いものに交換されている。
なお、D型では側面装甲厚も20mmに強化されている。

IV号戦車D型は1940年6月以降、装甲強化のため車体および戦闘室前面に30mm厚、戦闘室側面と車体側面戦闘室部分に20mm厚の増加装甲板がボルト止めされるようになった。
ただし一部のD型は、車体前面装甲板が最初から50mm厚の1枚装甲板で作られている。
砲塔そのものは形状が変更されていないが、主砲防盾が従来の内装式から耐弾性の高い外装式に変更されたため、主砲基部周りの形状は全体的に変わっている。

またそれに伴い、防盾の装甲厚も35mmに増加している。
その他に砲塔左右側面の視察口装甲カバーが車体と同様、防御力の大きいものに変更されている。
なお後期の一部車両には、砲塔後部に雑具箱が取り付けられるようになった。
機関室周りも変更されており、左右の冷却気吸排出口の効率を上げるために機関室上部が戦闘室左右と同じ幅まで広げられ、仕切りも4列から2列に減らされている。

また、必要に応じてこの開口部を塞ぐことができる蓋が設けられるようになった。
この蓋は4枚に分かれて内側下端がヒンジ止めされており、普段はフェンダー上に載せられていた。
なおIV号戦車D型の一部は北アフリカに送るため、機関室上部左右のハッチに冷却用のルーヴァーが追加されていた。
足周りは全く変更されていないが、後期の一部車両では起動輪が新型となり履帯も400mm幅の新型となった。

これに伴い、履板の数は片側101枚から99枚に変わっている。
同じく後期ではこれまで最前方と最後方の転輪にのみ取り付けられていたダンパーが、全ての転輪のペアに取り付けられるようになった。
IV号戦車D型は戦闘重量がB、C型の18.8tから20tに増加しているが、走行性能に変化は無い。


●部隊配備

1940年5月10日のフランス侵攻作戦開始時までに、IV号戦車の生産はD型に移行していた。
この時点でのIV号戦車の登録数は290両で、A〜D型全てがまだ使用されていた。
フランス戦で10個の機甲師団に配備されたIV号戦車は280両で、それぞれ戦車大隊内の1個中戦車中隊にIV号戦車が割り当てられていた。

ただし、実際の充足数は師団によって異なっていた。
各師団へのIV号戦車の配属状況は以下のようになっており、フランス戦におけるIV号戦車の戦闘による損失は1940年5月の1カ月だけで77両であった。

師団名 配備数
第1機甲師団 40
第2機甲師団 32
第3機甲師団 26
第4機甲師団 24
第5機甲師団 32
第6機甲師団 31
第7機甲師団 24
第8機甲師団 29
第9機甲師団 16
第10機甲師団 16


<IV号戦車D型>

全長:    5.92m
全幅:    2.84m
全高:    2.68m
全備重量: 20.0t
乗員:    5名
エンジン:  マイバッハHL120TRM 4ストロークV型12気筒液冷ガソリン
最大出力: 300hp/3,000rpm
最大速度: 40km/h
航続距離: 200km
武装:    24口径7.5cm戦車砲KwK37×1 (80発)
        7.92mm機関銃MG34×2 (2,700発)
装甲厚:   10〜35mm


兵器諸元


<参考文献>

・「パンツァー2006年11月号 ドイツ陸軍のワークホース IV号戦車の構造とバリエーション(1)」 久米幸雄 著
 アルゴノート社
・「パンツァー2016年11月号 IV号短砲身戦車の運用コンセプト」 加賀屋太郎 著  アルゴノート社
・「グランドパワー1999年6月号 IV号戦車の構造特徴と装備」 佐藤光一 著  デルタ出版
・「グランドパワー1999年5月号 IV号戦車 6年間の戦歴(1)」 後藤仁 著  デルタ出版
・「グランドパワー1999年5月号 IV号戦車の開発と各型」 佐藤光一 著  デルタ出版
・「グランドパワー2015年6月号 ドイツIV号戦車(1) A〜D型」 寺田光男 著  ガリレオ出版
・「グランドパワー2003年5月号 IV号戦車A〜D型」 後藤仁 著  ガリレオ出版
・「世界の戦車(1) 第1次〜第2次世界大戦編」  ガリレオ出版
・「戦車ものしり大百科 ドイツ戦車発達史」 斎木伸生 著  光人社
・「徹底解剖!世界の最強戦闘車両」  洋泉社
・「戦車名鑑 1939〜45」  コーエー


HOME研究室(第2次世界大戦編)戦車戦車(ドイツ)>IV号戦車D型