HOME研究室(第2次世界大戦編)戦車戦車(ドイツ)>III号戦車H型

III号戦車H型





●III号戦車H型

III号戦車H型はG型までの防御力の改善、砲塔の設計変更、機動力の改善など多くの改良を図った生産型で、車体・砲塔共にかなりの変更が加えられている。
しかし実際は間に合わせに留まった改良点もあり、III号戦車として完成された姿となるのは次の生産型であるJ型に譲っている。

III号戦車H型の生産は1940年10月から始まり、1941年8月までに308両が完成している。
H型の改修点であるが、防御力の改善といっても車体の基本設計を変更するのは時間が掛かるため、応急的な処置として主要部に増加装甲板が取り付けられることになり、車体前面と後面に30mm厚の装甲板がボルト止めで追加された。

ボルト止めの増加装甲板は一枚板の装甲板より強度は劣るが、とりあえず仕方が無かった。
なお戦闘室前面の増加装甲板は、機関銃マウントと操縦手用の視察用装甲ヴァイザーの部分が切り欠かれていた。
この増加装甲板の取り付けについては、後にG型以前のIII号戦車にも適用されて改修が施されている。

III号戦車H型の砲塔は、従来の砲塔に比べて大幅に設計が変更されていた。
内部スペースを拡大して乗員の作業効率を上げるのと生産性の向上のため、H型では砲塔後部の車長用キューポラの張り出し部が廃止され、砲塔後面装甲板の膨らみが変更されて一枚の板で構成されるようになった。
これに伴い、砲塔側面装甲板と上面装甲板もそれに合わせて端部分のラインが変更された。

また砲塔後面には、雑具箱が取り付けられるようになった。
この雑具箱はG型以前のIII号戦車にも取り付けられるようになったが、その場合砲塔後面のラインが異なるため取り付け具が延長されている。
砲塔内部機構としてはこのH型から砲塔バスケットが採用されるようになり、砲塔内乗員は砲塔の旋回と連動して動く床を手に入れた。

III号戦車G型までは砲塔リング部に座席が取り付けられていただけだったため、砲弾の装填を行う際などには砲塔の旋回に合わせていちいち乗員が向きを変えないといけなかったが、砲塔バスケットの導入によりどんな姿勢でも砲塔の旋回を気にせず作業が可能となり、砲塔内作業効率が大きく向上した。
III号戦車H型は増加装甲板などのために戦闘重量が21.8tに増加したため、これに合わせて足周りにも改良が施されている。

重量の増加に伴う機動力の低下を防ぐため、履帯は40cm幅のものに変更されて接地圧の低減が図られた。
当初起動輪はこれに合わせてスペーサーを入れて使用されたが、すぐに新型のものに変更された。
新型起動輪はより生産性の高い鋳造製で、外側が従来の円盤に8個の肉抜き穴の開いたものから、6本の幅の広いスポーク状の形状に変わっている。

誘導輪も初期はG型までと同じものであったが、後にスポーク状の新型に変更された。
また起動輪への負担を減らすため、3個の上部支持輪の内の一番前のものが少し前寄りに取り付けられるようになった。
そして第1転輪前と第6転輪前のショック・アブソーバーも、金属カバー付きとなっている。

またIII号戦車E〜G型で用いられたフリードリヒスハーフェン・マイバッハ発動機製作所製のSGR328.145変速機(前進10段/後進1段)は、内部機構的に複雑で評判が悪かったため、H型ではZF社(フリードリヒスハーフェン歯車製作所)製のSSG77変速機(前進6段/後進1段)に変更されている。
その他細かい所では、車体後部の発煙弾発射機に装甲カバーが取り付けられるようになった。


<III号戦車H型>

全長:    5.41m
全幅:    2.95m
全高:    2.44m
全備重量: 21.8t
乗員:    5名
エンジン:  マイバッハHL120TRM 4ストロークV型12気筒液冷ガソリン
最大出力: 300hp/3,000rpm
最大速度: 40km/h
航続距離: 165km
武装:    42口径5cm戦車砲KwK×1 (99発)
        7.92mm機関銃MG34×2 (2,700発)
装甲厚:   10〜60mm


<参考文献>

・「パンツァー2016年10月号 近代戦車の先駆となったIII号戦車の先進性」 久米幸雄 著  アルゴノート社
・「ピクトリアル III号戦車シリーズ」  アルゴノート社
・「グランドパワー2001年5月号 ドイツIII号戦車(1) III号戦車の開発と構造」 嶋田魁 著  デルタ出版
・「グランドパワー2001年6月号 ドイツIII号戦車(2) III号戦車の変遷」 嶋田魁 著  デルタ出版
・「グランドパワー2010年1月号 ドイツIII号戦車(1)」 後藤仁 著  ガリレオ出版
・「世界の戦車(1) 第1次〜第2次世界大戦編」  ガリレオ出版
・「世界の戦車イラストレイテッド21 III号中戦車 1936〜1944」 ブライアン・ペレット 著  大日本絵画
・「世界の戦車 1915〜1945」 ピーター・チェンバレン/クリス・エリス 共著  大日本絵画
・「ジャーマン・タンクス」 ピーター・チェンバレン/ヒラリー・ドイル 共著  大日本絵画
・「アハトゥンク・パンツァー第2集 III号戦車編」  大日本絵画
・「戦車ものしり大百科 ドイツ戦車発達史」 斎木伸生 著  光人社
・「戦車メカニズム図鑑」 上田信 著  グランプリ出版
・「徹底解剖!世界の最強戦闘車両」  洋泉社
・「戦車名鑑 1939〜45」  コーエー


兵器諸元

HOME研究室(第2次世界大戦編)戦車戦車(ドイツ)>III号戦車H型