HOME研究室(第2次世界大戦編)戦車戦車(ドイツ)>II号戦車L型ルクス


II号戦車L型ルクス





II号戦車L型「ルクス」(Luchs:ヤマネコ)は、長らく続けられていた新型II号戦車開発計画の中から誕生した車両であり、集大成的な存在として唯一大量生産が行われたものである。
開発は「VK.13.03」の試作名称が与えられて1939年4月から開始され、1942年8月には生産に移行する計画が立てられていた。

車体はニュルンベルクのMAN社(Maschinenfabrik Augsburg-Nürnberg:アウクスブルク・ニュルンベルク機械製作所)、戦闘室と砲塔はベルリン・マリーエンフェルデのダイムラー・ベンツ社がそれぞれ担当して開発作業が進められ、1942年4月にようやく試作車が完成した。
開発に多大な時間を要したのは度々要求変更が行われたからで、他の車両の開発と併せてドイツ陸軍が新型II号戦車シリーズに偵察・戦闘車両として多大な期待を掛けていたことが分かる。

ルクスは一連の新型II号戦車シリーズの設計を受け継ぎ、洗練された車体・砲塔形状を持っていた。
ただしパンター戦車以降のドイツ陸軍戦車に比べて、避弾経始はまだ充分に採り入れられていない。
特徴的なのは足周りで、II号戦車G型以来のオーバーラップ式転輪配置が採用されていた。
転輪はII号戦車M型がスポーク型だったのに対しルクスではディスク型になっており、起動輪、誘導輪の形状も変更されていた。

エンジンはフリードリヒスハーフェンのマイバッハ発動機製作所製のHL66P 直列6気筒液冷ガソリン・エンジン(出力180hp)、変速機はZF社(フリードリヒスハーフェン歯車製作所)製のSSG46シンクロメッシュ式変速機(前進6段/後進1段)を用い、路上最大速度は60km/hを発揮し偵察戦車として充分な速度性能を有していた。
武装はオベルンドルフ・アム・ネッカーのマウザー製作所製の55口径2cm機関砲KwK38と、同社製の7.92mm機関銃MG34を各1門ずつ、砲塔防盾に同軸装備していた。

II号戦車M型と同じ武装だが配置は2cm機関砲KwK38が砲塔中心線上に来て、7.92mm機関銃MG34が左側に同軸装備されるようになっていた。
弾薬搭載数は2cm機関砲弾が330発、7.92mm機関銃弾が2,250発となっていた。
各部の装甲厚は車体が前面30mm、側/後面20mm、上面13mm、下面10mm、砲塔が前面30mm、側/後面20mm、上面13mmとなっていた。

乗員の作業効率を高めるために操縦手の隣には無線手が位置し、さらに砲塔内には砲手が追加されて乗員は4名となった。
試作車の優れた高速性能に満足したドイツ陸軍兵器局第6課は1943年1月に800両のルクスの発注を行ったが、その内初めの100両が2cm機関砲KwK38を装備し、残りの700両はより強力なデュッセルドルフのラインメタル・ボルジヒ社製の60口径5cm戦車砲KwK39/1を装備することとされていた。

しかし武装の変更などの些事に追われて生産にはなかなか入ることができず、ようやく1943年9月より生産が始められたものの、これに先立つ5月にルクスの生産は最初の100両だけで打ち切ることが命令された。
その結果1944年1月に生産型第100号車が完成した時点でルクスの生産は終了し、5cm戦車砲搭載型は生産されなかった。

この背景には、同じ5cm戦車砲KwK39/1を装備するSd.Kfz.234/2プーマ装甲偵察車の実用化があった。
装甲防御力ではルクスの方が上回っていたものの路上での機動力はプーマが大きく上回っており、装輪式車両であるため製造コストも安価であった。
偵察用途には装輪式のプーマで充分であり、かといって戦闘に使用するにはルクスは火力・装甲とも不充分であったため、この生産中止は妥当な判断であったといえよう。


<II号戦車L型ルクス>

全長:    4.63m
全幅:    2.48m
全高:    2.21m
全備重量: 13.0t
乗員:    4名
エンジン:  マイバッハHL66P 4ストローク直列6気筒液冷ガソリン
最大出力: 180hp/2,800rpm
最大速度: 60km/h
航続距離: 250km
武装:    55口径2cm機関砲KwK38×1 (330発)
        7.92mm機関銃MG34×1 (2,250発)
装甲厚:   10~30mm


兵器諸元


<参考文献>

・「パンツァー2005年8月号 ドイツII号L型軽戦車の開発とバリエーション(前編)」 稲田美秋 著  アルゴノート社
・「パンツァー2005年9月号 ドイツII号L型軽戦車の開発とバリエーション(後編)」 稲田美秋 著  アルゴノート社
・「パンツァー2002年6月号 AFV比較論 九八式軽戦車/ルクス」 斎木伸生 著  アルゴノート社
・「パンツァー2012年11月号 AFV比較論 M5軽戦車とルクス」 久米幸雄 著  アルゴノート社
・「パンツァー2015年12月号 II号L型ルクス軽戦車」 水野靖雄 著  アルゴノート社
・「ピクトリアル ドイツ軽戦車」  アルゴノート社
・「グランドパワー2003年11月号 II号戦車ルクスと試作軽戦車」 後藤仁 著  ガリレオ出版
・「グランドパワー2012年8月号 ドイツ戦車の装甲と武装」 国本康文 著  ガリレオ出版
・「グランドパワー2011年6月号 ドイツII号戦車シリーズ」 後藤仁 著  ガリレオ出版
・「世界の戦車 1915~1945」 ピーター・チェンバレン/クリス・エリス 共著  大日本絵画
・「ジャーマン・タンクス」 ピーター・チェンバレン/ヒラリー・ドイル 共著  大日本絵画
・「戦車ものしり大百科 ドイツ戦車発達史」 斎木伸生 著  光人社
・「戦車名鑑 1939~45」  コーエー


HOME研究室(第2次世界大戦編)戦車戦車(ドイツ)>II号戦車L型ルクス